軽自動車の車検費用はどれくらい

軽の車検費用

軽自動車の車検費用は、普通乗用車に比べかなり安くなります。
この車検費用の差は、自動車重量税が占める割合が大きいのです。
軽自動車の自動車重量税は8,800円、普通乗用車の自動車重量税は20,000万円以上かかります。
軽自動車の車検費用の内訳として法定費用(自賠責保険料、自動車重量税、収入印紙代)と車検費用(車検基本料、車検代行料、整備費用)が必要となります。
法定費用はどこで受けても一律同額ですが、車検費用は車検をお願いする業者さんによって大きく異なります。
また自動車のコンディションによって、故障頭や不具合箇所が見つかった場合や、消耗品が消耗していて交換しなければ車検を通過することができない場合は整備費用にプラスして部品交換費用が発生します。
消耗部品で一番高くなる部品は、やはりタイヤです。
どうしても車検の時にお金をかけたくないということであれば、車検代行業者さんによって車検の時だけタイヤを貸してくれる業者さんもいます。
ただし、車検に通らない位のタイヤの減り方であれば、走行が危険なので早めにタイヤを交換することをお勧めします。
これらを総合すると軽自動車の車検費用は、安くて5万円台、これに部品交換やオイル交換などが発生したら、その文の費用が上乗せされる形になると思います。

 

軽自動車の車検

軽自動車は、燃費の良さ、税金の安さ、その他維持費の安さから需要があります。
自動車を維持するための費用の中で、一番まとまった出費になるのが車検代です。
軽自動車は、他の乗用車に比べ車検代が半分程度で済むので、とても経済的です。
さらに自分で車検を行う、「ユーザー車検」はさらにその費用より安く済みます。
軽自動車の車検を行う際は、前もって自動車を購入したディーラーか、ガソリンスタンド、もしくはは車検代行業者に予約を取りましょう。
車検を受けるとき、必要になる書類は他の乗用車と同じく、自動車納税証明書、自動車車検証、自賠責保険証、が必要になります。
このほかに必要になる書類もありますが、通常はディーラーや、車検代行業者さんが揃えてくれるので自分で用意する必要はありません。
ユーザー車検を検討している場合は、これ以外に必要な書類を確認しておく必要があります。
車検証や自賠責保険証明書は、自動車に載せているのでなくなる心配があまりありませんが、納税証明書を紛失するケースが多いので、なくさないようにしっかり保管しておきましょう。